home>ソフトウエア>FEビルダー

FEビルダー

有限要素法(FEM)解析ソフト開発キット

FEビルダーの機能

  • 有限要素法(FEM)解析コードを開発するための入力/出力プログラム一式です。
  • 3次元六面体コンフォーマル(形状フィット)メッシュ作成ソフトおよびポストプロセッサーからなります。
 数値シミュレーション開発の苦労
FEビルダーの機能

有限要素法(FEM)による数値解析(シミュレーション)は機械工学、電気・電子工学、物理学研究、流体力学、生物工学などの分野で非常に強力なツールであり、様々な物理的問題を解くことができますが、研究者や学生は有限要素法による解析にあたって、次のような2つの厄介な問題に直面します。

  1. 任意の解析対象の構造に適合した精度良い要素分割(メッシュ作成)
     
  2. 膨大な量の数値出力データの効率的な解析(ポストプロセッシング)

これらの処理をこなすプログラムを作成することは、一人のプログラマーでは何年もかかる作業です。市販のメッシュ作成ソフト(メッシュジェネレータ)は高価であり、融通性に欠けたり、フォーマットなどが公開されていなかったりします。

ユーザーはソルバー開発のみに専念可能
ユーザーはソルバー開発のみに専念可能

FE Builderはこれらの問題を解決し、開発者は有限要素法の解法のみに集中することが可能になります。
この低価格で効率的なパッケージには解析対象構造の形状モデリング環境(Geometer)、自動のコンフォーマルメッシュジェネレータ (MetaMesh)、そして様々にカスタマイズ可能なポストプロセッサー(FEVision)からなります。

このソフトは、特に今までの市販有限要素法パッケージになかったような研究分野の解析を行う場合に適しています。

FEビルダーの特徴

  • SolidWorks等の3D-CADソフトからの複雑な形状パーツの読み込みが可能。
  • 複雑な計算をバッチファイルやスクリプトによるコントロールで実行することも可能。
  • シンプルでかつ、しっかりと解説されたファイルフォーマット(バイナリーおよびテキスト)
  • 構造化されたメッシュに基づき形状に適合した六面体要素を作成する独自の技術による、ユーザーの開発時間の削減とプログラムの実行速度の高速化。大規模なメッシュに対する動的メモリー配置。
  • どのような物理的解析にも適用可能な、中立的なメッシュフォーマット。
  • 様々なユーザー定義の物理量に対する2次元および3次元プロット。
  • インタラクティブな解析による迅速かつ正確な解析結果の把握。
  • 32ビットおよび64ビットのWindowsに対応。

201466165057.jpg

ソフトウェアの申し込み
お問い合わせフォーム
ソフトウェアトライアル申し込み

さらにFEビルダーについて学ぶには