home>ソフトウエア>3次元有限要素法解析 AMaze>HiPhi (静電場)

3次元有限要素法解析 AMaze

HiPhi (3次元静電場解析ソフト)

hiphi_illus_h.png

PhiViewによる計算結果の表示。3次元表示(左)と2次元表示(右)

機能

3次元静電界の計算
および計算結果の加工、可視化(PhiView)

解説

HiPhi

HiPhi は、他に類のない計算能力、速度、精度を備えた、手ごろな価格の3次元静電場シミュレーションソフトです。

電極、誘電体、空間電荷、抵抗性材質 を含む様々な構造の計算が可能です。また様々なプロットの作成やインタラクティブな分析ができるポストプロセッサー PhiViewが含まれています。

標準的なパソコンで、1000万要素以上の大きなメッシュに対応でき、20万ノードの計算を1分以下で行ないます。

HiPhi には、高電圧工学、回路要素の設計、電子光学、真空マイクロエレクトロニクス装置、電解メッキや静電装置(集塵器、コピー機、プリンター)などの分野に応 用が可能です。(Windows XP以降に対応、MetaMeshが必要)

特徴

ポストプロセッサー、PhiViewのスクリーンショット

hiphi_setup.png
  • 分かりやすく、すぐに実行可能な例題の付いた
    マニュアル
  • 様々な2次元および3次元のプロットが可能。
  • 全てのウインドウズプリンタ装置をサポートした
    出版品質のハードコピー機能
  • 対話型のポイント・アンド・クリック方式による
    解の解析
  • 大規模構造の詳細部分も解析可能な新しい
    解法の採用
  • テキスト形式でフォーマットされた出力ファイル
    により、ユーザーアプリケーションや数学的解析
    プログラムへ容易に情報の受け渡しが可能
  • デジタルオシロスコープモードを備えた、インタラク
    ティブなラインスキャンとプロット
  • バッチモードで自動解析が可能
  • 電場の法線成分を自動的に面積分し、相互静電
    容量と電極電流を計算
  • インテリジェントなポイントセレクション機能を持つ先進的な補間技法による高精度な場の計算
  • シンプルな設定画面

さらにHiPhiについて学ぶには